2022保活

【2022’保活・保育園見学レポート】みんなのほいくえんatむさしこすぎの口コミ

毎日の家事や育児、いつもおつかれさまです。ぶるどーざーママです。

保活の超激戦区・川崎市中原区。中でも、特に人気が高い武蔵小杉駅近辺の保育園について、フルタイム復帰を希望するぶるどーざーママが2022年度保活で実際に見学に行った園の口コミを見学レポートとしてシリーズでご紹介しています。(レポート一覧については、こちらの記事をご確認ください。)

ぶるどーざーママ

今回は、イトーヨーカドー近くにある認可外保育園の『みんなのほいくえんatむさしこすぎ』さんです。

基本情報と確認したこと

こどもの森保育園は、コロナ影響で土曜日・祝日に少人数での見学説明会をされており、施設のみを見させていただきました。

保育園名みんなのほいくえんatむさしこすぎ
住所〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目260−14
中原区役所HPより
確認したこと内容・補足
①基本保育時間 7:30~18:30 (18:30~19:30が延長保育)
②延長保育の利用条件特になし
③延長保育の利用実績
④延長保育のスポット利用有無
⑤朝預ける際の親の対応内容玄関で預かり
⑥毎日の持ち物(乳児)連絡帳
お着替えセット3
食事セット(歯ブラシ・スタイ)
タオル
帽子
シーツ(午睡用/購入品)*月曜
バスタオル1(午睡用)*月曜持参で金曜持ち帰り
⑦呼び出しの基準37.5℃の発熱で連絡、38.0℃でお迎え
⑧平日の父母参加行事給食試食会 *自由参加
(入園式、親子遠足、親子交流会、卒園式は土曜AM)
⑨ 抱っこ紐、ベビーカー、自転車の置き場有無 抱っこ紐○、ベビーカー○、自転車☓
⑩オムツの種類と処理紙オムツ/処理は園で(定額制 月額3,000~4,000円)
⑪園庭の有無あり(屋上バルコニーを代用)
⑫散歩の頻度
⑬園との連絡方法
⑭課外活動保育内でリトミック、英語、バルシューレ(ボール遊び)を実施
※「ー」は園へ確認できていない部分です。
※見学時のメモを元に正しく記載できるよう努めておりますが、聞き間違いや最新情報と変わっている場合もあります。
お手数ですが、最終的にはご自身でご確認をお願いします。

補足情報

こちらの園は、企業主導型保育事業の『認可外保育園』となります。企業主導型保育事業とは、多様な働き方に対応した保育サービスの提供や、待機児童解消による従業員の復職支援を目的として開始された事業で、子ども・子育て拠出金を負担している各企業と保育所が利用契約を結ぶことで、その企業の従業員が保育所の優先利用をすることができます。また、契約企業の従業員の子どもだけでなく、一部地域枠として地域の子どもも利用が可能です。

申込窓口保育園へ直接(※園の見学説明会で願書配布)
選考方法指定期日までに願書を送付し、認可保育園の第一次利用調整の結果が出た後に選考。
定員超過の場合は、企業枠/一般枠それぞれで抽選。
入園料30,000円
保育料(基本料金)0歳児:月額60,000円、1歳・2歳児:月額55,000円
保育料(延長保育)夕方延長①(18:30~19:00):30分あたり月額5,000円
夕方延長②(19:00~19:30):30分あたり月額9,000円
*全園児共通
※年度によって状況が異なる場合がありますので、あくまで参考としていただき、必ずご自身でご確認ください。

さらに、こちらの園では、病児保育も実施しており、在園児だけでなく一般利用も可能だそうです。

病児保育
保育時間9:00~17:00(延長保育は不可)
基本利用料(1日あたり)在園児:無料、卒園児:5,500円、一般利用:7,700円
(別途入会金10,000円と事前に提出書類あり)
定員3名まで
利用方法予約制で、前日もしくは当日予約をしてから病院で連絡票を発行後に登園
※年度によって状況が異なる場合がありますので、あくまで参考としていただき、必ずご自身でご確認ください。

園見学を通じて感じたこと

こちらの保育園は0~2歳児までの保育園だそうです。全体で15名程度の小規模な人数なので、ひとりひとりの園児たちに目が行き届きやすい環境だと感じました。外観はシンプルな建物で保育園らしくない無機質な印象を持ちましたが、園内は木をつかった温かみのあるデザインで、気持ちが落ち着く雰囲気でした。一つ一つの部屋はそこまで広さはないように感じましたが、園児15名前後の小規模人数に対しては十分かなと思いました。また、今回説明をして下さった先生たちは、慣れた様子でテキパキ・ハキハキと話されていました。

企業主導型保育事業の認可外保育園なので、企業優先枠が設けられており、企業枠での倍率は一般枠よりも低い分、比較的入りやすいようです。ただし、企業枠で申込みができたからといって年度の申込状況によって確実に入れるわけではないとのことでした。ちなみに、令和3年度(2021年度)は、14名の定員で内10名が結果的に企業枠だったそうです。企業枠を組めるかは、園と企業側で契約を締結のやり取りとなるので、会社の人事部に相談する形になります。

こちらの園は、認可外保育園でも認可保育園に近い金額で利用ができ、リトミック、英語、バルシューレ(ボール遊び)など充実した保育内容や自園内での完全給食もあったり、ほとんど認可保育園と変わらない内容だと感じました。また、食育にも力を入れており、こどもの年齢や発達に応じて個々の食育活動をしているそうです。説明会資料やスライドで見せてもらった給食は、どれも思わず手を伸ばしたくなるような見た目のものばかりで、素材も季節の食材や行事に合わせたものを積極的に取り入れるなど、食べる時間が楽しくなる工夫が凝らしてあり魅力的でした。

また、在園児だけでなく一般利用もできる病児保育は、病児保育可の園自体、数がとても少ないのでとても貴重だなと思いました。実際に利用するかどうかは子ども次第にはなりますが、小さいこどもは病気をもらいがちになので、万が一の場合に頼れる場所がある、というだけでも働く親にとっては安心です。

まとめ

保育内容や園庭・給食などの施設は認可保育園並みに揃っており、基本保育料も認可外保育園の中でも高くないので、小規模保育で2歳児までの受け入れであることを除けば、ほぼ認可保育園に近いと感じました。所属する会社が保育所と契約を結べるかのハードルはありますが、もしできるようなら保活において心強い候補だと思いました。認可外保育だけでなく、病児保育の受け入れも大きな魅力でした。保育園の初年度は集団生活で免疫をつくっていく時期で、風邪をもらいやすいと言われているので、スムーズな職場復帰と考えると、万が一に備えられるのは有り難いなと感じました。