2022保活

【2022’保活・保育園見学レポート】ポポラー川崎武蔵小杉園の口コミ

毎日の家事や育児、いつもおつかれさまです。ぶるどーざーママです。

保活の超激戦区・川崎市中原区。中でも、特に人気が高い武蔵小杉駅近辺の保育園について、フルタイム復帰を希望するぶるどーざーママが2022年度保活で実際に見学に行った園の口コミを見学レポートとしてシリーズでご紹介しています。(レポート一覧については、こちらの記事をご確認ください。)

ぶるどーざーママ

今回は、タワーマンションの「シティタワー」内にある『ポポラー川崎武蔵小杉園』さんです。

基本情報と確認したこと

ポポラー川崎武蔵小杉園は、コロナ影響で人数制限をされており、今回は私一組で園見学をさせていただく形となりました。

保育園名ポポラー川崎武蔵小杉園
住所〒211-0016 中原区市ノ坪449番地3 シティタワー武蔵小杉2階
中原区役所HPより
確認したこと内容・補足
①基本保育時間 7:30~18:30 (7:00~7:30,18:30~20:00が延長保育)
②延長保育の利用条件特になし
③延長保育の利用実績全体で4割くらいが利用
④延長保育のスポット利用有無
⑤朝預ける際の親の対応内容玄関で預かり
⑥毎日の持ち物(乳児)バスタオル(午睡用)*月曜に持参し金曜持ち帰り
布団(午睡用) *月曜に持参し金曜持ち帰り
着替えセット
パジャマ
オムツ
⑦呼び出しの基準37.5℃以上の発熱
⑧平日の父母参加行事夏祭り、クリスマス会
(運動会、保護者参観は土曜日で実施)
⑨ 抱っこ紐、ベビーカー、自転車の置き場有無 抱っこ紐○、ベビーカー○、自転車ー
⑩オムツの種類と処理紙オムツ/処理は未確認
⑪園庭の有無あり
⑫散歩の頻度
⑬園との連絡方法
⑭課外活動任意参加/有償の外部イベント『Kids.com(キッズ・コム)』を積極採用
※「ー」は園へ確認できていない部分です。
※見学時のメモを元に正しく記載できるよう努めておりますが、聞き間違いや最新情報と変わっている場合もあります。
お手数ですが、最終的にはご自身でご確認をお願いします。

園見学を通じて感じたこと

ポポラー川崎武蔵小杉園さんは、都市部でのさまざまな就労環境にある保護者の支援を目指した認可外保育園「都市型保育園」や、その他系列の認可保育園が全国にあるそうです。(参考:都市型保育園ポポラーHP

異年齢保育を取り入れており、相互の良い刺激を生み出す環境づくりをしているとのことでした。具体的には、縦割りで過ごすことで、お兄さん・お姉さんたちは自分よりも小さくて手助けが必要な子たちのお世話をすることで、誰かの役に立つ喜びを感じたり優しい気持ちを育むことができ、小さい子たちは年上のお兄さん・お姉さんたちの姿に憧れて、トイレトレーニングや食事などにも自主的にチャレンジすることが期待できるそうです。私自身第一子の保活だったので、そういった異年齢のお友達からの刺激は魅力をとても感じました。もちろんメリットばかりではなく、まだまだ未熟な子どもたちの集団なので、ときには喧嘩したり思わず手が出たりということは、想定しておかなければいけないなと思いました。

こちらの園見学で一番心に残っているのが、園児たちの人懐っこさです。異年齢保育だからなのか、他の教育なのか、たまたまその学年が社交的なタイプが多かったのか、理由は定かではありませんが、はじめて来園する大人にも、積極的に「こんにちはー!!」と挨拶をしてくれました。ひとりの子が挨拶をし始めると、競うように他の子も「こんにちはー!」と元気よく次々と挨拶をしてくれて、しばらく「こんにちは」ラッシュが続きました。園見学した他園では、ここまでの積極的な人懐っこさは見られなかった為、とても印象に残っています。園見学で説明をしてくださった園長先生も、これはよくある光景とおっしゃっていました。挨拶がしっかりできることはとても大事なことだと思うので、こんな風に我が子も社交性が育つといいなと、感じました。

また、ちょうどお昼ごはん時に別室で園長先生から説明を受けている際、園児たちの終始にぎやかな声に混じって一際大きな泣き声と、先生が「空いているところに座ってくださいー!」と声を張り上げて何度か促しているのが、別室まで聞こえてきました。最初はその迫力に驚いてしまいましたが、先生の声を聞いた園長先生が、給食の席選びで先生の横の席に座れず大泣きしている子を他の席への誘導をしているです、と状況を説明してくださり安心できました。活発な園児たちの集団生活なので、優しく促すだけではなく、ときには声を張り上げないといけないシーンや駄々をこねる子にきちんと指導しなければならないシーンも出てくると思います。大切なのは、それらの現場を園を束ねる園長先生がきちんと把握されていることだと考えているので、私自身は問題には感じませんでしたが、各家庭の考え方によっては、評価が異なる出来事だったかもしれません。

まとめ

園の設備や持ち物などの細かい情報よりも、現場で見た園児たちの活発で社交的な姿と、その園児たちを保育士さんが声をときに張り上げながら指導する様子が何よりも印象的でした。もしかしたら、見方によっては声を張り上げての指導は、園児を萎縮させてしまうのではと気になる方もいるかもしれません。ですが、あれだけ元気の塊である園児たちが集まる賑やかな環境では、ある程度は仕方がないのではないかと私自身は感じました。親だってシーンによっては声を張り上げたり厳しく叱ることも大いにあるでしょうし、集団生活の中では優しい先生、厳しい先生な色々いることは普通だと思うので、程度問題ではありますがひとつの社会経験なのではと思いました。集団の中での生きた学びを、色んな面で教えてくれる園なのかなというのが全体を通じての感想でした。