2022保活

【2022’保活・保育園見学レポート】ポピンズナーサリースクール武蔵小杉の口コミ

毎日の家事や育児、いつもおつかれさまです。ぶるどーざーママです。

保活の超激戦区・川崎市中原区。中でも、特に人気が高い武蔵小杉駅近辺の保育園について、フルタイム復帰を希望するぶるどーざーママが2022年度保活で実際に見学に行った園の口コミを見学レポートとしてシリーズでご紹介しています。(レポート一覧については、こちらの記事をご確認ください。)

ぶるどーざーママ

今回は、東横線/目黒線の武蔵小杉駅に直結する商業施設「東急スクエア」内にある、『ポピンズナーサリースクール武蔵小杉』さんです。

基本情報と確認したこと

ポピンズナーサリースクール武蔵小杉は、コロナ影響によりオンライン(Zoom)での見学・説明会となりました。直接園内や子どもたちの様子は見れていませんが、園で撮影された写真なども見せていただき、雰囲気を感じることはできました。

保育園名ポピンズナーサリースクール武蔵小杉
住所 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目472 武蔵小杉東急スクエア5階
中原区役所HPより
確認したこと内容・補足
①基本保育時間 7:00~18:00 (18:00~20:00が延長保育)
②延長保育の利用条件特になし
③延長保育の利用実績
④延長保育のスポット利用有無
⑤朝預ける際の親の対応内容通常は各教室で預かるが、コロナ渦の為玄関預かり
⑥毎日の持ち物(乳児)パスタオル2枚(午睡用) *月曜日に持参で金曜日持ち帰り
口ふきタオル(*月額1,560円で定額サービスもあり)
着替えセット
オムツ(6回分以上)
⑦呼び出しの基準
⑧平日の父母参加行事特になし
(スポーツフェスティバル、生活発表会、懇談会、個人面談が保護者参加行事だが、基本的には土曜日で実施)
⑨ 抱っこ紐、ベビーカー、自転車の置き場有無 抱っこ紐○、ベビーカー○、自転車☓
⑩オムツの種類と処理紙オムツ/処理は未確認
(*月額3,500円の定期サービスもあり)
⑪園庭の有無あり(雨天は使用不可)
⑫散歩の頻度
⑬園との連絡方法アプリ
⑭課外活動あり(年齢条件あり、別途費用で参加は自由)
・英語(月3回ネイティブ講師/月額5,700円)
・体操(外部講師/月額7,000円)※2歳児以上から
※「ー」は園へ確認できていない部分です。
※見学時のメモを元に正しく記載できるよう努めておりますが、聞き間違いや最新情報と変わっている場合もあります。
お手数ですが、最終的にはご自身でご確認をお願いします。

園見学を通じて感じたこと

働く保護者が求めるものが一通り揃っており、加えてさまざまな保護者のニーズに対応できるよう工夫されている、とてもバランスの取れた園だなと感じました。その上、駅直結という利便性もあって、人気が集中する理由が分かります。説明をしてくださった先生も、穏やかな口調で丁寧にお話していただき、オンラインでの説明会でしたが、各園の特色が伝わる内容でした。

中でも印象的だったのは、オプションでタオルや紙おむつの定額サービスや、英語・体操の課外活動を選べる仕組みです。紙おむつの定額サービスは他の園でも聞きましたが、タオルや課外活動は珍しく、+αであったらいいなの部分を有償のオプション化して、いろんな家庭のニーズに柔軟に対応していらっしゃるのだと感じました。英語は9割近くのお子さんが参加されているそうで、保育園の他に習い事で英語や運動をさせようと思うと、送迎などの負担も増える為、園内でできるのは親としても有り難いです。参加されないお子さんが疎外感を感じさせないような工夫も園側でフォローされているそうです。

また、日によって夫婦ともに残業が重なる日も想定される働くママの視点では、延長保育での夕食(オプション・有償)がとても魅力的でした。補食だけでなく、1回300円で夕食も申し込むと提供してもらえるそうで、繁忙期に残業が重なった日でも園で夕食まで手伝ってもらえれば、お迎えに行ったらお風呂に入り寝かせるだけなので、子どもの生活リズムを大きく崩さずにいられるのは、とても有り難いなと感じました。

唯一気になった点は、朝の預け入れ時の導線でした。駅直結で通勤途中の登降園にもとても便利な反面、朝は商業施設のエレベーター1基を利用しての登園のため、時間帯によっては混雑するのではと感じました。

まとめ

武蔵小杉駅直結の商業施設の中という利便性から、近隣に住んでいる方だけでなく、通勤で武蔵小杉駅を利用する方まで幅広く候補に入るため、凄まじい人気ぶりの『ポピンズナーサリースクール武蔵小杉』さん。

実際にオンラインで園見学の説明を伺ってみて、高い人気の理由は利便性だけでなく、仕事が忙しく柔軟なフォローを求める家庭や、家ではなかなかできない経験を取り入れたい家庭など、いろんな観点で保育園に求められているニーズを汲み取り、バランスよく応える園の体制も大きな理由のひとつではないかなと感じました。

フルタイムでの復帰を目指す私自身にとっても、「持ち物が少ない」「平日の父母参加行事がない」「延長保育で夕食も申込みができる」「園とのやり取りは紙ではなくアプリでの連絡帳」などとても有り難いだろうなと感じる点ばかりで、とても魅力的な園でした。