2022保活

【2022’保活・保育園見学レポート】すこやか小杉保育園の口コミ

毎日の家事や育児、いつもおつかれさまです。ぶるどーざーママです。

保活の超激戦区・川崎市中原区。中でも、特に人気が高い武蔵小杉駅近辺の保育園について、フルタイム復帰を希望するぶるどーざーママが2022年度保活で実際に見学に行った園の口コミを見学レポートとしてシリーズでご紹介しています。(レポート一覧については、こちらの記事をご確認ください。)

ぶるどーざーママ

今回は、東横線/目黒線武蔵小杉駅の線路沿いにある『すこやか小杉保育園』さんです。

基本情報と確認したこと

すこやか小杉保育園は、コロナ影響で土曜日に少人数での見学説明会をされており、施設のみを見させていただきました。

保育園名すこやか小杉保育園
住所〒211-0004 神奈川県川崎市中原区新丸子東3丁目447番地2
中原区役所HPより
確認したこと内容・補足
①基本保育時間 7:00~18:00 (18:00~20:00が延長保育)
②延長保育の利用条件ひとりでお座りができる頃(生後8ヶ月目安)以降から可
③延長保育の利用実績各クラス若干名の利用
④延長保育のスポット利用有無
⑤朝預ける際の親の対応内容クラスで身支度後預かり
⑥毎日の持ち物(乳児)連絡帳
バスタオル(午睡用)*月曜に持参し金曜持ち帰り
着替えセット 3
パジャマ袋
パジャマ(上下離れているもの)
体温計
オムツ
⑦呼び出しの基準37.5℃以上もしくは平熱+1℃の発熱
⑧平日の父母参加行事個人面談、クラス別懇談会
(運動会、生活発表会は土曜日で実施)
⑨ 抱っこ紐、ベビーカー、自転車の置き場有無 抱っこ紐○、ベビーカー○(2歳まで)、自転車☓(登降園のみは可)
⑩オムツの種類と処理紙オムツor布オムツ/処理は各家庭で
⑪園庭の有無あり(建物屋上のバルコニーを代用)
⑫散歩の頻度週に1~2回程度
⑬園との連絡方法紙(乳児まで)
⑭課外活動保育内で年20回程度のECC教室(英語/有償)など
※「ー」は園へ確認できていない部分です。
※見学時のメモを元に正しく記載できるよう努めておりますが、聞き間違いや最新情報と変わっている場合もあります。
お手数ですが、最終的にはご自身でご確認をお願いします。

園見学を通じて感じたこと

4階建てのビル全体が保育園施設になっており、外観から感じた以上に園児たちが過ごすスペースが多いように感じました。『薄着保育』を方針として取り入れているそうで、一年を通じて基本的に園内では半袖・短パン素足で過ごし、外出時だけ必要に応じて上着などを羽織るそうです。家庭ではつい秋冬に風邪を引かせないように厚着をさせてしまいがちですが、運動機能や体温調節機能をどんどん発達させていく子どもをサポートしてくれる良いものなのかもしれません。園内は各クラス床暖房が入っているそうなので、薄着でも足元は冷えずに快適に過ごせそうだなと思いました。

また、オムツは通常紙タイプ、布タイプどちらも選べるそうですが、家庭でトイレトレーニングが始まると園内では布オムツになるとのことでした。自宅では紙オムツ以外は使ったことがないので、どういう形になるのか想像がつかないのですが、布オムツだとおしりが汚れると不快に感じやすいので、トイレトレーニングが進みやすいそうです。個人的には、オムツがはずれない子はいないので、外れる時期は遅くなったとしても無理くりトイレトレーニングはせずに、こどもが自らしたいと意欲が湧いたタイミングを気長に待てたらいいなと今は考えているので、布オムツにあまりメリットを感じませんでした。他に見学に行った園で布オムツのところは、選択性ではなく布オムツのみ実施だったので、各家庭でのタイミングや選択を大切にし園がフォローをしてくれる体制は有り難いなと思いました。ただ、慣れない布オムツを使い分けてうまく切り替えを促すことができるのかが難しそうだなとも感じました。また、オムツ関連では、使用済の紙オムツは園で処理ができないそうで、各家庭へ毎日持ち帰りだそうです。着替えた衣類なども持って帰ると思うので、帰りの荷物としては少し増えたところで影響がそこまで大きくないかもしれませんが、家庭でのごみ出しの観点では面倒かもしれません。

印象的だったのは、見学説明会時もらった園資料の内容が丁寧に細かい点まで書かれたもので、園体制がしっかりしているなと感じたことです。持ち物や年間行事だけでなく、年齢別の保育目標や、園内生活でかかる諸費用一覧なども載っており、園での生活を保護者がよりイメージしやすいように工夫が凝らしてありました。小さな点かもしれませんが、保護者に向き合ってくれる姿勢がそこから見て取れて、とても印象深く残っています。

一方で2点気になった部分もあり、一つは線路沿いなので電車の音や揺れでした。先生曰く、昼寝も影響なくできていて、子どもたちはかえって電車が通るとテンションが上がるらしいので、そこまで心配はいらないのかもしれませんが、東横線/目黒線は本数も多いので、頻繁に音や細かい振動があるのはどうなのかなと感じました。もう一つも立地ゆえにですが、車通りが結構ある道路沿いに入り口があり、歩道の幅も狭いところなので、お散歩などで外出する際は、ふとした拍子に子どもが道路に出てしまわないかが気になりました。もちろん引率の先生はその点を十分に注意を払って頂いていて、子どもを複数人を入れられるカートをうまく利用しているそうですが、いらぬ心配かもしれませんが、予測不能な行動をする子どもたち相手なので気になってしまいました。

まとめ

私が見学した他園ではなかった『薄着保育』を取り入れており、子どもの運動や環境適応力の発育をサポートして健康な子どもへ育てる方針は、とても魅力的に感じました。活発に動き回れる保育園だからこそ、その活動に見合って適切に体温調節できるような環境が整っているのは有り難いです。

線路沿い・道路沿いの立地ゆえに、電車の音や揺れ、車の事故に繋がらないかなど、保護者視点で気になった部分はありましたが、園側もその点はよく理解されており、できる限りの対策を講じていただいているようです。大人の目からは心配な面でも、電車や車が通るたびにテンションが上がって窓に張り付いて見ているなど子どもたちにとっては楽しいという側面もあり、一概には言えないなとも感じました。

家庭でトイレトレーニングを開始すると園では布オムツになるので、馴染みのない布オムツには個人的には抵抗がありましたが、トイレトレーニングの面では有効だそうなので、園のサポートも手厚そうなので、やるとなったら何とかなるのかもしれないなと思いました。また、他園では園内処理が結構ある中で、こちらの園では使用済の紙オムツは各家庭持ち帰りなので、毎日のこととなるとそれなりに負担はありそうだと感じました。