2022保活

【2022’保活・保育園見学レポート】わらべうた武蔵小杉保育園の口コミ

毎日の家事や育児、いつもおつかれさまです。ぶるどーざーママです。

保活の超激戦区・川崎市中原区。中でも、特に人気が高い武蔵小杉駅近辺の保育園について、フルタイム復帰を希望するぶるどーざーママが2022年度保活で実際に見学に行った園の口コミを見学レポートとしてシリーズでご紹介しています。(レポート一覧については、こちらの記事をご確認ください。)

ぶるどーざーママ

今回は、武蔵小杉駅北口(JR南部線口・新丸子方面)近くにある『わらべうた武蔵小杉保育園』さんです。

基本情報と確認したこと

わらべうた武蔵小杉保育園は、コロナ影響で人数制限をされており、園内見学の予約枠が取れず、玄関先でパンフレットをいただきお話を伺う形となりました。

保育園名わらべうた武蔵小杉保育園
住所〒211-0004 神奈川県川崎市中原区新丸子東2-924-65
中原区役所HPより
確認したこと内容・補足
①基本保育時間 7:00~18:00 (18:00~20:00が延長保育)
②延長保育の利用条件
③延長保育の利用実績
④延長保育のスポット利用有無
⑤朝預ける際の親の対応内容
⑥毎日の持ち物(乳児)バスタオル2枚(午睡用)*月曜に持参し金曜持ち帰り
着替えセット
オムツ5枚のストック不足分
おしりふき
ビニール袋
⑦呼び出しの基準37.5℃の発熱
⑧平日の父母参加行事夕涼み会
(運動会、生活発表会は土曜日で実施)
⑨ 抱っこ紐、ベビーカー、自転車の置き場有無 抱っこ紐○、ベビーカー○、自転車☓(近くに私営駐輪場はあり)
⑩オムツの種類と処理紙オムツ/処理は園
⑪園庭の有無なし
⑫散歩の頻度悪天候以外はほぼ毎日行く
⑬園との連絡方法アプリ(一部、連絡帳は紙もあり)
⑭課外活動絵本、英語、音楽、リズムダンス、食育を保育内で実施
※「ー」は園へ確認できていない部分です。
※見学時のメモを元に正しく記載できるよう努めておりますが、聞き間違いや最新情報と変わっている場合もあります。
お手数ですが、最終的にはご自身でご確認をお願いします。

園見学を通じて感じたこと

9/30の緊急事態宣言解除後から園見学を再開されていたのですが、再開後に見学予約の連絡を数日出遅れてしまったら翌年の1月までいっぱいとのことでした。保育園申込が11月だったので、玄関前でのお話を別途ご提案いただけて、とても助かりました。

こちらの園の特徴は、保育プログラムの豊富さではないかと思いました。外国人講師による英語、リズムダンス、クッキングなどの食育と、日々の保育内で様々なプログラムを積極的に取り入れているようです。また、絵本には特に力を入れているそうで、毎日午前と午後に絵本のじかんがあり、たくさんの絵本にふれる機会を大切にされているとのことでした。絵本は2ヶ月毎に新しい絵本が届く「巡回式としょかん」があるのもユニークで、絵本を通じて感性を磨けるのはとても魅力的だなと感じました。誕生日会や発表会などにも絵本の世界を取り入れて、時には絵本に登場する献立の再現などもされているそうで、力の入れ方がすごいなと思いました。

IT化を積極的に推進しており、登降園状況、園からのおたより、遅刻やお休みの連絡などはスマホで行えるシステムを導入されているそうです。平日の家での時間は、登園準備、ごはん、お風呂、寝かしつけ、家事と、とにかく慌ただしく過ごされている家庭が多いかと思うので、通勤時間等に園からのおたよりを見たり、スマホでパッと連絡を入れたりできるのは、有り難いです。

園庭がない保育園でしたが、散歩に積極的に出かけたり、リズムダンスなどで体を動かす機会もあり、運動不足は心配がいらなそうだなと思いました。一方でJR線路沿いに位置する為、電車の音や振動などは問題ないのかが気になりました。

まとめ

英語、食育、リズムダンスなど家庭でなかなかできないことを積極的に保育の中で取り入れてもらえるので、子どもたちは色んな刺激を受けながら、楽しく通えそうだと感じました。力を入れている絵本についても、毎日の絵本じかんや常に新しい本との出会いをつくってもらえる環境、家庭では難易度が高い絵本の献立の再現など、親にとっては有り難い限りです。

保育プログラムだけでなく、働く保護者の負担を少なくしようと、園との連絡をIT化していたり、毎日の持ち物が極力簡素化されていたり、助かる部分も多いなと感じました。園によってはお昼寝用の布団そのものやシーツなども持ち物に入るところもあるので、それらがないのは魅力的です。

唯一気になったのは、線路沿いなので電車の音や振動の影響で、お昼寝のときなど大丈夫なのかなと思いましたが、慣れてしまえば案外気にならないものなのかもしれません。